違っても仲良し、違うから面白い

 「性格が違うから合わないってよく言うけど、人ってみんな違うのが当たり前で、違うから面白いんだよ、違っても仲良くなれるんだよホントは」
 20代の頃に聞いた、友人の言葉をこれまでに幾度思い出しただろうか。国際結婚して海外で暮らすようになった彼女とは音信が絶えてしまったが、いつまでも尊敬する友人だ。
 結婚以来仕舞い込んだまま未使用の食器やなんかを、リサイクル業者へ持ち込んでも値が付かないだろうからと、ネットフリマに送料と手数料ほどの値段で出品している。
 普段からネットショッピングをしない私にとって、ネット上の売買は未知の世界、初めての経験で、購入者とやりとりをしていると、いろんな人がいるんだなぁと感嘆する事しきりである。
 随分前に内祝いで頂いたティスプーン6本セットがあった。デザイナーさんのプロデュースで、1本ずつビニールに包まれたままのスプーンが化粧箱に納まっている美品だ。
 箱のサイズは厚い新書本くらいで送料が600円かかる。手数料は1割引かれる。赤字にならなければいいと800円にした。100均でスプーン6本買うより少しだけ足して品質の良いものを手に入れられるなんて、いいじゃない。
 すると間もなく問合せがあった。挨拶に続き、
「箱は要らないので、700円になりませんか?」と。メルカリでは値引き交渉もフランクに申し込まれる事が多い。この方は私より取引経験が多く、箱無しにすれば配送料が下がるから100円引いても大丈夫でしょ?と提示下さったのだ。確かに、送料は175円になるのだ、私の利益も増える。
 しかし、だ。ちょっと戸惑ってしまった。品物は古いが新品未使用。せっかくの綺麗な品なのだから、私なら化粧箱入りのセットとして受け取りたい。それを箱は要らない、なのか。う~ん…ほんとに要らないのかな、いいんだろうか、いっそ私からのサービスとして箱で送ろうかしら。
 そうして30分近く逡巡した後、ふっと考えの向きが変わった。この方は、使う気なんだ。私みたいに無駄にとっておかず、届いたらすぐ使う。だから箱は要らない。それを私が箱で送ったら、箱を捨てなきゃならなくなる。
 いろんな人がいるねぇ、と夫に話しながら、私はつい自分の物差しで測ってしまう視野の狭さを思っていた。

49歳にして美人を目指す

 昨日、図書館でこんな本に目が留まってしまった。
 『50歳、おしゃれ元年』
 元々服装は地味でお化粧嫌い、夫も着飾る系の女性が苦手なのをいいことに、一日中スェットで過ごすようになって久しい私が、バレンタインに恋バナを書いたせいか、ギクっとなった。今までHowto物や啓発本には強がって背を向けてきたのに。今年末50歳になる。
 手に取ってパラパラ、”気が付くと着るものがない、クローゼットにいっぱい服を持っているのに””手持ちの服が似合わなくなった”…ううむ。そして”ばったり知り合いに会っても大丈夫な服を着てますか?”にトドメを刺される形で、この本を抱えて貸出カウンターへ。
 服装もそうだが、仕事を辞めて1年以上になるせいか、近頃顔の輪郭がぼんやりしてきたと洗面台に立つ度気になっていた。
 表情の美醜を築くのは目鼻立ちではなく内面だと、近頃手にした本に書かれていた。これまでにも耳にした言葉だが、今回は妙に響いた。この本には、人の想念の力がいかに大きいかが力説されていた。想像力=創造力だと。
 「顔は自分の持ち物ですが、他人の為にあるのです。だって自分では見えない。見るのは相手でしょ? ですからいつも温かい表情を心掛けましょうよ」と、これは最近ある先輩女性の言葉。
 確か古いCMだったと思う、「50歳過ぎたら男は顔に責任を持て」というのを思い出した。姑があるベテラン芸人さんのことを「若い時は貧相だったけど、渋い、いい顔になってきたわねぇ」と言ったことがある。これは何も男性に限らない筈。むしろ女性の方が老いを味方につけるのは難しいのではないかしら。
 よし。”おしゃれ元年”、今年一年、明るい表情で過ごしてみよう。これは実験だ。
 年末にここで良い結果発表が出来るよう挑戦してみます!とりあえず今日は外出中、口角を上げていました。皆さんも良かったらご一緒に実験しませんか?

そしてバレンタインは*追記有

(昨日の続きです)
 私が好きになった人は別の人を好き。それが目の前の現実。だけど、本当にこの想いはどうにもならないのかと頭の中の自分に食い下がってみた。どうすればいい? 彼女から奪う? まっぴらごめんだ!! そんな事をして万一彼が私に振り向いてくれたとしても、私は自分に対する後ろめたさに一生苛まれる。そんなの耐えられない。それに。そんな形で恋人を変える彼なんかいらない。彼女を大切に想う彼が、私は好きだった。彼はいい人だ。想うのは私の自由で今は止められない。叶わなくたっていいじゃない、彼が幸せなら。彼の幸せが私の幸せ。よし、決めた! 自分の想いは墓場まで持っていこう。
 私は彼の親友を目指した。彼と彼女の交際を全力で応援した。2人の内緒事はいつしか3人の内緒になった。時には胸がずきんと痛むことがあったが、毎日は充実しきっていた。そして中学を卒業し、別々の高校へ進み、3人の繋がりは絶えた。
 その後、私と夫との交際は、大学時代に再会してからのこと。
 彼の幸せが私の幸せ。そんな無私な想いは、きっと思春期の純粋さゆえだ。その後の私は強くも高潔でもない。夫に他に好きな人が出来たらどうしようと、結婚してから今までに何度となく考えてしまい、怖くなった。しかし次の瞬間、まあいいか彼が幸せなら私と一緒じゃなくたって、そう思えて、す~っと気持ちが楽になる。
 中学時代に夫のことを潔く諦め、片恋を貫いたからこそ、のちに神様は夫と再会させてくれたのだと思っている。結婚して21年、今はもう真っ赤になって震える手でチョコを差し出さなくていいことにホッとしている。もうあんな怖い思いはごめんだ。それでもやっぱりささやかに何か…とゆうべから迷って、夕ご飯をはりきって作ることにした。食後に一緒に頬張るつもりで彼の好きなマカダミアナッツチョコを、スーパーで籠に入れて、えへへと笑った。

*潔さだけ語った形になっちゃいましたが、もし私が略奪を決意しても、叶わなかったと断言できます。ほんとにダサダサなトンでもない女子でしたから(笑

バレンタインイブに

 チョコを買っても、夫は結局チョコ好きの私に半分以上食べさせるからなぁ。そんなふうだからこの頃は特に何もしなくなってきているけれど、どうしようかな明日のバレンタイン…。
 夫のことはある意味、神様から貰ったご褒美だと思っている。かつてきっぱりと純粋に愛情を貫くことが出来たご褒美に。
 夫は中学2年のクラスメートだった。美術の授業で”友達の顔を描きましょう”の相手が、出席番号順でたまたま夫だったことから親しくなった。夫には彼女がいた。彼女と言っても、携帯もない時代の田舎の中学生の交際である。家族の手前、互いの家へ電話も出来ず、放課後の部活前に同級生の目に留まらないよう廊下の端で並んで座って言葉を交わし、そっと交換日記を手渡しする、そんな交際。彼女は理想の文系女子だった。清楚で柔らかな印象、趣味はお菓子作り。
 それに引き換え、私は、当時の自分を盛ることも卑下することもなく言えば、ブスで真面目な優等生で、自分が正しいと思ったら先生にも不良グループにでも意見する変わり者だった。本当は男に生まれたかったという願望を諦めきれず、自分のことを俺と言ったり、わざと蟹股で歩いて窓を飛び越えたり。とんでもない奴を気取るようなところがあった。
 そんな私がいつしか夫のことを好きになっていた。そのことに気が付いた時、それは同時に失恋が確定した瞬間だった。(続きます^^;)

絶対の幸せって

『幸せを相対的に感じている限り、本当の幸せは得られない』
 お隣のSさんから借りた本の一説だ。
 例えば…足の手術から1年を経て、正座は出来なくても私は小走りできるまでに回復した。街中で杖を使い、ぎくしゃくと歩く人を見かければ、私の不自由なんか何でもない、有り難い。こんなふうに考えていたら、この先もし両足を切断しなければならなくなった時、私は自分の不幸を嘆かねばならない。つまり、人と比べて自分は幸せだと考えている限り、その幸せは他の誰かより不幸である。そんな条件に左右されるものではなく『絶対的な幸せを見出さなければならない』と。
 これを読み、以前出席した披露宴で聞いた祝辞を思い起こした。
「これから君達は二人で幸せな家庭を築いていくわけですが、その幸せは決して人と比べないで下さい。幸せは競うものではありません。二人にとっての幸せを二人で見出し、育み、分かち合って下さい」
 ところでこのスピーチには続きがある。
「しかし、今言った事と矛盾しますが、”この夫婦”にだけは負けないで欲しいと思う夫婦があります。”この夫婦”よりも是非とも幸せになって欲しい。それは君達のご両親であり、ご両親の願いであるからです」
 忘れられないスピーチになっている。