しゃべる 5

 楽器だと思う、声は。
 音楽に縁なく生きてきた人も一度くらい思ったことがあるのではないかな。
「ああ、なにか楽器が弾けたらなぁ」
 ピアノ、ギターにトランペット、ウクレレもいいなぁ、なんて。
 けれど、喋る仕事に携わってみて感じることは、声も楽器だということ。
 誰でも持っている、指紋と同じ、唯一無二の楽器。
 体を共鳴させて出す声は、体格や力の入れ具合で無限のバリエーションを生む。
 日常会話では問題がなくても、仕事として発するとなると、より良いものにしたい。腹式呼吸や口の形の調え方を磨く。出せば出すほど、鍛えれば鍛えるほど、太く豊かに、響きも良くなっていく。
 腹から声を出す、なんてよく聞くけれど、声の使い方、イメージは業種によってちがうみたいだ。演劇、声楽、アナウンス、それぞれに「頭のてっぺんから出す」「全方位360°へ放射するように」「マイクに向けて乗せて」など。
 私の知ってる歌手さんは、家で発声している時、夫に「お前は背中から出てる声がうるさい」と苦情を言われたとか。
 実際にボイストレーニングを受けてみると、空気を吸った時に、背中が広がるのを感じたし、声を鼻に響かせる、おでこに当てる、胸から出す、などトレーニング次第で相当自由にコントロールできるものだと感じる。
 
 ブライダル司会の仕事をしていた時、よく先輩と話したことがある。
 秋のブライダルシーズンになると、土日の二日間に、打合せを5件と披露宴を3件こなしたりする。もう草臥れて、体はへろへろボロボロなのに、そんな時の方が、声はやたら出るよねぇ、って。
 私は体調を崩した数年前にブライダル司会を離れて以来、今は年に二度ほどホールイベントの影アナウンスのみになっているが、十年近くかけて育てた声だけが私の特技みたいに思えて、なんとかキープしておきたくて、夫の出勤後に、2年前に亡くなった舅を口実にしている。
 25分程、口角をしっかりと動かして滑舌を意識し、太い声であげるお経。
 舅は苦笑いをしていることだろう。

しゃべる 4

 『恥、テレを捨てさせる』訓練だったのだ。
 アナウンススクールで教えることは、喋る技術だけではなかったのだ。
 発声・滑舌・アクセント・音読やフリートークの組み立て、等々・・・を教わりながら、授業で身に付けさせるのは、人前で平気で喋れるようになることだった。
 いきなりハイ、と自分へマイクを向けられて、即座に声を出せるか。
 今の私は「イエス」。
 そして内容が何でもよければ、何時間でも延々話していられるだろう。
 子供の頃から親戚や近所の人に会っても、親の後ろに隠れてしまい、挨拶出来ないほど内向的で人見知りだった。今でも本当はそう。治ったわけではない。
 それなのに、音読が好きで、三十過ぎて専門学校へ行ってみれば、喋ることはそもそも他人に向かって何かを伝えるのが前提であった。独りで完結しないことに今更気付いてガクゼンとした。なんて阿呆なワタシ。
 どうしよう・・・しかし、かなりな額の入学金と授業料を夫が惜しみなく払ってくれた後だった。主婦のソロバンも働く。こうなったら出資を取り返すと腹を括った。
 とはいえ、極度の上り症なのに、気心も知れぬ数十人の前に立ち、文章を読んだり、フリートークをしたり。授業で自分の番が来る度、心臓は早鐘を打ち、顔は真っ赤、体中からは冷や汗が噴出した。月三回のレッスンに数年通っても、それは一向に変わらなかった。
 しかし司会の仕事を得るようになり、内面の緊張をそのままに、神経回路を切り、口を動かせるようになった。だって仕事だもの。喋るのはワタシじゃない、人々が注目するのはワタシじゃない、司会者だ。ワタシは役割を演じなければならない。催しがスムーズに運び、参加者が楽しめなければならない。
 そんな自覚と責任が、テレ恥スイッチを葬る、極度の引っ込み思案のこの私からも。
 訓練の賜物だと、つくづく思う。
 誰もが無限の可能性を秘めている、いざとなれば何だって出来る。

しゃべる 3

 滑舌を良くするために、まず必要なものは?
 耳、 聞き分ける力です。
 音読や早口言葉の練習は次のステップ。
 ラ行が苦手、ナ行がダメ、サ行が弱い、等それぞれのウィークポイントがあったとしても、自分や他の人が発している音声の、それに気付かなくては、修正が出来ません。
 まず気付く、そして気を付けて直していく。
 ちなみに、滑舌の癖は、親や家族といった、自分が言葉を覚える過程で一番身近にいた人物の影響を受けていることがほとんどです。
 つまり多くの場合、滑舌は親譲り。
 こどもは親が発する言葉を真似て、喋り出す。 
 そのほかの要素として、口周りの構造も。
 舌の形や長さ、歯並び、口の中の広さ、唇の形状、息のスピード。
 あ、ここにも、遺伝の要素が含まれますね。
 遺伝とは言いましたが、滑舌は訓練次第でまず直るものでもありますね。
 一般的に、男性にラ行が苦手な人が多いそうです。これを知った時、私がラ行が苦手なのは、父子家庭で育ったからかしらと思ったものです。

しゃべる 2

 ヘンな子だったみたい。
 物心つくと、駅のアナウンス、TV番組のナレーション、留守電のメッセージなどに、妙に耳を留める子どもだった。
「なもなく三番線に急行電車が参ります、黄色い点字ブロックまでお下がり下さい」
「只今、出掛けております。ぴ~と鳴りましたらお名前とご用件をお話し下さい」
「お掛けになった電話は、現在電波の届かない場所におられるか、電源が入っていない為、かかりません」
 サザエさんを観ても、耳に残るは、
「エレクトロニクスと明日を創る、東芝がお送りいたします」。
 声色も真似ながら、仲のいい友達に披露してウケを狙った。
 かといって放送部に入ったりはしなかった。
 そんな私が、自分でもよく分からないけれど、32歳になって突然アナウンススクールへ通いたいと言った。結婚して数年経っていた頃で、夫は目を真ん丸にしたが、
「やりたいなら、やってみれば」
と、以後全面協力してくれた。
 人は時として思いもかけぬ方向へ進むのだ・・・なんて大仰な事を言ってみたり。

しゃべる 1

 声のこと。おじゃまするブログで見かけ、私も普段思うこと等を。
 録音した自分の声を聞くと、違和感がある。
 そんな頃が懐かしくなった。
 自分の声。大抵は一生、体内で響いているものを聞く。けれど、体を離れ、空気をかきわけて相手に届く声は、響きが少し違っているのだ。
 体内で骨や肉を振動させる声は、落ち着いて低い、幾分豊かな声に聞こえているのではないかな。でも客観的に、録音などを聞くと、思っていたより高めで、痩せた印象を受けるのではないだろうか。
 私は三十歳を過ぎてからアナウンスの勉強をして、いっぱい喋って、いっぱい自分の声を聞いているうちに、自分の声の、録音とのギャップが全くなくなってしまった。
 家で夫を相手に日常会話をしていても、自分で自分の声のかえりを聞いてしまっていて、音の高低や滑舌をチェックしてしまう。
 ちょっと寂しい。